読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

月削岩企業 処女飛行(打ち上げ)の資金獲得達成

‘We are go’: Moon mining firm raises enough money for maiden fright

f:id:clockrockthetimerabbit:20170115103122j:plain

月にある資源を採掘しようとしているシリコンバレーにある会社が、最初のミッションを行うに足る資金を集めることに成功した。

Moon ExpressのSEOであるボブ・リチャーズはtwitterでこう語った。

 

f:id:clockrockthetimerabbit:20170115105601j:plain

 私達のゴールは地球上の社会性と経済を月の上、8番目の未開の大陸まで持っていくことであり、ローコスト時代の、学生、科学者、宇宙開発者、商業利用のための開発である。と声明で述べている。

 

オンラインの声明で明らかにされたことは、月の水は、太陽系上のオイルであり、それらの資源を地球のために開発利用できるとしている。

 

Space newsによると、Moon Expressは2億ドルの資金の調達を達成した。それらの資金はMX-1Eが低軌道を脱出するための第2推進システムに割り当てられる。

f:id:clockrockthetimerabbit:20170115105721j:plain

この会社は2010年、創設者のナビーン・ジェインとボブ・リチャーズによって創設され、3億ドルを調達したGoogle Lunar X と競い合っている。

イスラエルのSpaceil,日本のHukuto、チリのAngelicvmを含む、世界中の16のチームがこの事業に取り組んでいる。

この声明が示すところはこのコンペティションに勝つのはMoon Expressであろうということである

f:id:clockrockthetimerabbit:20170115110511j:plain

 1960年から人類は月に足をつけていない。アメリカ、ロシア、中国は月の資源探索技術を支配しようとしている。

しかしながらMoon Expressは最初のアメリカ政府に保護された、プライベートベンチャー企業となる可能性がある。

そのとき、副創始者のジェイバンは「人類にとってまた一つの偉大な一歩になるだろう」と述べている。

「近い将来、貴重な資源、レアメタル、月の鉱石を地球に持って帰れるだろう」

www.rt.com

 

 

広告を非表示にする