読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

MicrosoftのクラウドOS Chrome OS に照準をあわせる

Microsoft’s upcoming Windows Cloud will put Chrome OS in its crosshairs

f:id:clockrockthetimerabbit:20170131184924j:plain

Microsoftは全てのサイズのデバイスで完璧に動作するオペレーティングシステムの最終仕上げをすると伝えられている。スマートフォンからラップトップPCまで動く新しいシェルのことだ。

このシェルはフルバージョンウィンドウズ10であり、今年ローンチされる予定の、全てのデバイスで動き、ハードウェアに依存せず、ストリーミングを主としたウィンドウズ10クラウドと並ぶものと噂されていた。

しかし、新たな情報によると、ウィンドウズ10クラウドはストリーミング・オペレーション・システムではなく、chrome OSがインストールされたchromebookをターゲットにしているという。Chromebookはウェブベースアプリに依存し、Chrome Web Storeで提供されるアプリによりオンライン、オフラインを通して使用できるOSだ。chrome OSは早く、軽く、そのパフォーマンスと値段の安さで教育現場とアメリカのメインマーケットで人気を博している。

 

それゆえにウィンドウズ10クラウドは、Windows Store を通して互換性のあるプラットフォームアプリを出そうとしている。マイクロソフトクラウドという文字を使うのは、ライトウェイトなデザインを目指し、クラウドの中でアプリに依存するシステムを目指そうということだ。そしてクラウドOSはフルバージョンウィンドウズ10と区別されることになるだろう。

 

ウィンドウズ10クラウドはsoftware development kit のバージョン15003で姿を見せた。2つのバージョンが存在し、Media Playerがインストールされたバージョンとされていないバージョンである。このプラットフォームは今年の終わりにローンチされると予想されており、おそらく5月のBUILD conferenceで正式にアナウンスされるだろう。

 

匿名のソースから得たニュースによるとマイクロソフトはウィンドウズ10のライセンス料を下げ、chromebookのマーケットに対抗しようとしてるという。 ウィンドウズ10クラウドはおそらく無料になり、ウィンドウズ10はラップトップサイズにより値段をさげるはずだ。

 

匿名のソースによるとマイクロソフトはウィンドウズ10は極めて安全に、シンプルなものを提供しようとしているという。そしてchromebookより十分安価にするだろう。しかしまだオフィシャルにウィンドウズ10クラウドブックの構想は発表されていない。

www.digitaltrends.com

 

 

広告を非表示にする