SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

A-10 vs F-35 来年対決!

Long-Awaited A-10 vs. F-35 Fly-Off May Begin Next Year

f:id:clockrockthetimerabbit:20170202182555j:plain

どちらがより近接航空支援にすぐれているのか?来年の早いうちにA-10F-35コンペティションが決定した。絶対的王者the A-10 Thunderbolt IIが自身の更新相手the F-35A Joint Strike Fighterと現役の座をかけて争うのである。

DoD(Department of Defense 国防総省)はこのコンペを2018年に行うと規定している。そして国防総省のTest and Evaluation Officeは”構造的かつ実証的”に評価するとしている。

この対決は F-35が地上支援戦闘を行うに足る能力があるか疑問を呈しているアメリカ連邦議会により決定されており、戦場での地上部隊による誘導での近接飛行、ロケット、バルカンの発射、ターゲットの選別などを行う。

f:id:clockrockthetimerabbit:20170202192349j:plain

F-35は戦場での待機飛行をするには速度が早すぎると指摘があり、数多くのターゲットを爆撃するための搭載量も十分ではないとされている。F-35の4門の25mmガンは182発であり、数多くの批判家は、繰り返しターゲットに立ち向かうには貧弱な武装だとしている。100万ドルのA-10のコピーが1時間あたり4万ドルのコストをかけてミッションをおこなうにはオーバーキルではないかとしている。

それに引き換え、1980年代のA-10 Thunderbolt II のアップグレードのほうがより未来の戦場に適していると見解を示している。A-10の多大な武器搭載量、防御力、低空飛行能力、滞空時間、GAU-8/A Avenger 30-millimeter gunは近接航空支援に最も優れていると考えているのだ。

F-35の支援者は、近代の戦場はより危険になっておりA-10ではそれに対応できないとされている。イラク及びアフガニスタンの戦場ではなかった最新の防空システムに今後対応しなければならないとしている。このような状況下でF-35のステルス、センサーはミッションを生き延びるには必須だと指摘している。

DoD Buzzによると、元F-16パイロットでありF-35管理者である准将は、A-10では”戦場に入る前に撃ち落とされるだろう、ターゲットの20マイル以内に接近するうちに”とと信じているといわれている。

www.popularmechanics.com

 

 

広告を非表示にする