SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

弁護士がいなくなる日

Lawyers could be the next profession to be replaced by computers

f:id:clockrockthetimerabbit:20170219092437j:plain

テクノロジーは時折、伝統的な職業を奪い去るのではないか?と責められる。たとえば小売店の販売員、工場で働く人たちの職業を。

しかしブルーカラーの人たちがその危機にさらされているわけではない。

AI が今後ダイナミックに影響を及ぼす波に、弁護士たちも同じように晒されているのだ。

訴訟に有効につかえる証言を探しだすプラットフォーム、それは、証言の見直し、契約、偽証や欠点などを企業買収される前に探しだそうというものだ。

これらの仕事は現在は文字通り人間がおこなっている。

増加する自動化の波はより効果的に仕事を勧められ、クライアントに対するコストを下げることができるが、それを追求するとある部署がまるごと自動化になり、人間はカットの対象となりうるだろう。

f:id:clockrockthetimerabbit:20170219093535j:plain

「これは始まりの、始まりの、始まりである」Noory Bechor, LawGeex の CEOが答えた。

重労働の肩代わり

イスラエルでの、Bechorの弁護士から AI にへの移行について「我々はさまざまな事柄にについて小さな会社と契約を結んでいる」これは機械的作業と同等であるとみなしている。

f:id:clockrockthetimerabbit:20170219183100j:plain

「同じ契約、同じ契約、同じ契約。これが毎日続くことに苦痛を感じる。狂った時間なのではないかと」

これを退屈なルーティーンワークとし、これをオートマティックにできるのではないかと考えた。

LawGeex platform はAIにより動き、今までにみたこともない新しい契約を結び、過去に行った様々な契約を見直す事ができる。

どんなマシーンが適しているか?

AIによるその分野の進出における一つの疑問が、どの分野が人間よりすぐれているのか?ということだ。

経験の優れた弁護士よりもマシーンはミスが多いのか?支持者はそうは考えていない。

その論争に多少の異議はあるが、NexLPの創始者やメンバーはAI Platformはあらゆる訴訟は訴訟行為からインフォメーションを集めていくだろうとしている。

「ミスをすると思うかい?もちろん」

しかし1985年から人類はキーワード検索において優れているとはいいがたい。人々が書類にミスすることなく目を通せるというのは迷信である。我々はミスをするのだ。

 

www.cnbc.com

広告を非表示にする