読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

NASA 折り紙ロボット あらゆる場所を進む

NASA's origami-inspired robot can crouch, crawl, and climb serious inclines

f:id:clockrockthetimerabbit:20170323190125j:plain

ルイス・クラーク探検隊(アメリカを横断したアメリカ陸軍の1700年代後半の探検隊)は偉大な先駆者としてしられている。現代、それに値するのは、カルフォルニアパサデナNASAのJet Propulsion Laboratoryで働いているエンジニア達は、the Pop-Up Flat Folding Explorer Robot 通称PUFFER 。次世代、外宇宙探索用の火星ローバーを開発しているチームである。

Origami。日本の折り紙にインスパイアされたPUFFERは、他のどんなローバーも通れないクレバスを通り抜けるために身を縮めることができる。2つのタイヤを持つこのローバーは、カリフォルニア州の過酷で多様な地形でのテストに合格した。

ローバー自体はとても高価であからさまに危険なミッションに送り込めるものではないが、多くのPUFFERなら比較的安価で危険な地域に数多く送り込める。

PUFFERの研究は、日々経験を重ね、到達不能な地域に送り込むことができるようになった。とプロジェクトマネージャーのJaakko Karrasは語った。

PUFFERは折り紙のテクニックをもちいると同時に生物学的要素を動きに組み込んだ。オリジナルの探索装置は4輪であったが2輪へと変貌し高グリップと急勾配を登るためのトレッドを手に入れた。もしPUFFERがリチャージを要求したならば、シンプルにひっくり返り本体下部のソーラーパネルで充電するだろう。


PUFFER: Senses obstacles and self-adjusts appropriately.

今、PUFFERは自在に動き回り、Bluetoothを身につけリモートコントロールを可能にした。科学探査機器を背負いウォーターサンプルなどを採取。探査環境を調査できる。NASAはより頑丈にするためやや大きいモデルも開発を同時に行っている。

www.foxnews.com

 

 

広告を非表示にする