読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SSDD(海外ガジェット最新ニュース)

iphone,Android,chromebook,ハイテク軍事ネタの最新海外の記事の紹介と趣味のブログ

今年発売されるお求めやすい6つのドローン

6 of the most affordable drones released this year

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406180236j:plain

「ドローンの購入価格が数百ドル以上はかかる」これは思い違いだ。もしドローンを買いたければたしかにちょっとした大金が必要になるが、小さな小さなドローンを家で遊ぶのであれば、けっこういろいろ選択肢が広がる。300ドル以下。マイクロドローンならば50ドル以下の選択肢が現在はある。

価格だけがこの小さなドローンのアドバンテージではない。FAA(連邦航空局)の多くの規則がこれにはあてはまらない。これらのドローンはおおよそ30分以下の飛行がほとんどであるが、予備バッテリーを増やすことで飛行時間を延長することができる。

小さなドローン達は組み立て、操縦も簡単でクラッシュに対する耐性も高い。プロペラや他のパーツもクラッシュに備えて安価で手に入るはずだ。

2017年、注目のドローンは・・・

Metakoo Bee

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406183123j:plain

30ドルで手に入るこのドローンは、オートでホバーできる。この機能によってMetakoo Beeは他の安価なドローンより操縦しやすくなっている。他のドローンのように空中で姿勢を維持するのに集中がいらないからだ。

空中でのスタビラリティーは、やや不安定。この小さなボディのせいであり、強い風に吹き飛ばされてしまうような飛行になっている。だから、このドローンはインドア用であり、飛行時間も15分となっている。バッテリーは40分でフルチャージになっている。

Revell Proto Quad XS

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406183807j:plain

このクアッドコプターは非常に小さい。全長28mm、リモートコントローラーに収納されるほどの小ささだが、6軸ジャイロと3段階のスピード調節が可能だ。この小ささではちょっと操縦がむずかしくなるので最初は最低スピードから操縦を行ったほうがいいだろう。慣れてくれば空飛ぶ機械の蜂となる。このドローンは持ち運びやすさに特化しており旅行のおともにどうだろうか。

Cheerson CX-10

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406193744j:plain

15ドルのドローン。いまのところ最安で手に入るドローンである。今年中にアップグレードされる予定のこのドローンでありこのドローンもまたものすごく小さい。対空時間はおよそ4分。カメラのような搭載物はないが、操縦性はなかなかのモデルである。

Metakoo Mini Drone

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406194033j:plain

Metakoo Mini Droneの価格は80ドル。このミニと名の付いたドローンがなぜこの価格がついたのか?このドローンにはリモートコントロールで操作できるビルトインカメラが搭載されている。アプリによって操作されスマートフォンでドローンがどこにいるのかがわかるようになっている。もしVRヘッドセットをもっているならば、ドローンカメラ越しに空を見渡せることができるのだ。

Hubsan X4 H107C

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406195009j:plain

40ドルのドローン。カメラ付き。この価格なので細部はいい出来とはいえない造りだが、ハイエンドカメラを搭載したドローンの価格が1000ドル以上となることを考えるとまずまずの出来だろう。アプリを通じて得る画像はリアルタイムではなく、一旦着陸を待って情報を得なければならない。あまりいいアイデアとは言えないが、価格を考えるとしょうがないであろう。

操縦においては素直。とても飛ばしやすいモデルであり、変えのパーツもすぐ交換できるようになっている。

Syma X5C

f:id:clockrockthetimerabbit:20170406195520j:plain

31センチ×31センチの最も大きなドローン。アウトドアで飛ばすのにもっとも向いたドローンである。2MPのカメラを搭載しており、ポピュラーなドローンは交換パーツも見つけやすいだろう。

knowtechie.com

 

 

広告を非表示にする